コンサルを利用する

パソコンを操作する人

身の丈に合うコンサル

最近は、ISO9001取得を目指す企業が増えています。ISO9001は品質に関する国際規格です。品質を対象とした国際規格では、JIS規格が有名です。しかしながら、JIS規格は完成された製品に授与されるものであるのに対して、ISO9001は仕事のプロセスに対して授与されます。つまり、製品やサービスと言った目に見える存在ではなく、その裏側にあるプロセスが重要になるのです。ISO9001を取得するためには、会社の業務全般を見直す必要があります。仕事やその工程を見える化させることで、間違いのない業務を行っていることを証明することが規格取得に不可欠なのです。そのためにもコンサルティング会社の存在は重要です。ISOのコンサルティング会社は、大小合わせて50社以上あります。その中から、自分の会社に適したコンサルティングを選ぶことは最重要課題と言えます。コンサルティング会社を選ぶ際には、企業が目指している方向と同じ方向を支持してくれる所が最適です。単にコンサルを利用しやすいというだけでなく、身の丈に合ったコンサルを利用できることが、規格取得への近道と言われるためです。そして、コンサルを利用する場合においても、人間関係は大事です。相手のコンサル担当が誠意をもって仕事を遂行してくれるかも、判断基準として外せません。そのようなコンサルを見つけるには、過去にコンサルティングを受けた企業の口コミを参考にすると良いでしょう。