確実な処分が重要

ウーマン

情報漏洩しないために

企業にとって機密文書の処理は大変重要です。自社に機密文書なんて大層なものはない、あるいは自社の文書などを狙うような者などいないと思っていたら考えをすぐに改めるべきです。企業が機密文書としてまず真っ先に思う浮かべるのは売上や社内での会議資料などの内部資料かもしれません。もちろんこうしたものが機密文書といえるのは間違いありませんが、その他にも個人情報や顧客情報が特に重要です。特に個人情報の流出は、会社が被害者であるのと同時に加害者にもなってしまい、社会の厳しい批判の眼にさらされるのを避けられない重大な問題です。こうした機密文書の流出は往々にして廃棄処理のミスによって引き起こされます。そのため廃棄処理には信頼できる処理業者を利用する事が必要です。機密文書の処理業者は、厳密なルールに則って機密文書の処理を行います。一般的な流れは、業者と処理契約を結ぶと社内に廃棄文書の処理箱が設置されます。この箱には施錠がされていて、一旦入れると取り出せず、また業者の収集担当者も開けられない仕組みになっています。箱は鍵が掛けられたまま処理場に運ばれて裁断や焼却処分されます。最後の段階でも作業員が持ちだせないように厳重な警備がされた作業場での処分が行われています。こうした完璧な体制をとった業者を利用する事で、機密文書の安全が保たれると共に、機密漏洩を防ぐために社員同士が監視し合うようなぎすぎすした雰囲気を無くすことも出来るのです。