オフィス

改善の仕組みを入手

ISO9001の認証取得に取り組むことは、これまでの慣習を見直すことができるきっかけになります。さらに、規格を順守することで、自らの手で仕組みの改善を行っていけることを意味しており、外部からも一定の評価を受けることができます。

詳しく見る

ウーマン

確実な処分が重要

機密文書など自社にはないとか誰も関心を示さないと思っているならすぐに考えを改めるべきです。機密漏洩は企業が被害者となるとともに加害者にもなってしまう危険があります。機密文書の処理には専門業者を利用すると安全であると共に社内の雰囲気改善にも役立ちます。

詳しく見る

社内

企業を経営していく上で

企業にとっては事業を行っていく上ではさまざまなリスクが起こりうる可能性があります。このリスクが現実となった場合に重要なのが危機管理です。間違った危機管理をすることは企業が倒産したり事業を縮小するといったダメージを負うことになります。

詳しく見る

パソコンを操作する人

コンサルを利用する

ISO9001取得のためには、優良なコンサルティング会社を選ぶことが重要です。良いコンサルを選ぶためには、会社の方向性を支持してくれる所を探すことです。ISO9001取得のためには、身の丈に合ったコンサルが望まれるのです。

詳しく見る

オフィス

ルールを策定する

会社には機密文書とそれ以外の文書があり、同じように扱うのはコスト増の原因になります。機密文書の処理をするときには、一定のルールを設けてそれに従って行います。作成から保存、廃棄に至るまでのルールを決めておきます。また、専門業者に処理してもらう方法もあります。

詳しく見る

企業が最も意識すべきこと

パソコンを操作する人

上層部がまず認識すること

近年になって急激に普及したインターネットは、個人だけではなく企業や会社でも仕事に利用されるようになりました。従来であれば郵送や宅急便を使っていた書類を、インターネットを使って情報をやり取りできるようになったのです。費用の面ではもちろんですが、時間の節約を効率よくできるようになったのは大きな躍進となっています。しかしインターネットを使う上で最も注意すべきなのは、情報が漏洩するのを防ぐという点になるでしょう。個人情報の保護という観点からも重要視されていますが、特に企業では顧客管理という部門で危機管理に留意する必要があるのです。企業は大きくなればそれだけ強い力を持てますが、人が増えることで危機管理に綻びが生じることもあります。現実問題として危機管理に対しての認識が甘い企業は、顧客管理を怠り個人情報の漏洩を引き起こしてメディアに取り上げられたこともありました。一度こういった問題を引き起こしてしまうと、人々の記憶に危機管理が甘い企業であると認識されてしまいます。起こってしまった問題はなかったことにはできないのですが、失った信用を取り戻すために必要なのが情報セキュリティへの取り組み方を示すことです。具体的な手順とどんな方法で、情報を外部から守るのか漏洩を防ぐのかを提示することで信用回復につながります。しかし最もよいのは、問題が起こる前に危機管理を持って情報セキュリティをしていくことではないでしょうか。どんな病気も早期治療がベターですが、病気にならないように予防するのがベストであるのです。情報セキュリティに対しても同様に、問題が起こらないように最善を尽くすのが重要になります。